日本の城巡り「MARO参上」

ホーム > 関西以西の城 > 大阪府の城一覧 > 眞鍋城(大阪府)

眞鍋城(大阪府)

楠木正成配下の武将による築城とのみ伝わる城

 

南海本線の泉大津駅近くにある南溟寺一帯が城跡地とされています。

南北朝時代に南朝方で、楠木正成の配下だった眞鍋主馬大輔が築城し、居城としたと伝わります。

その他には何も詳しいことは分からず、廃城になった時期も定かではないとのことです。

遺構は残りませんが、櫓風の建築物があるお寺や、周辺はどこか歴史を感じさせてくれる街です。

境内の本堂前に小さな城跡碑のみが建ちます。

見所は特にないのですが、管理人が訪問した時は、和歌山城への遠征から帰宅途中に寄りましたが、夕方遅くなり時間的に、こちらの城跡しか訪問していませんが、調べているだけでも「苅田城」「曽根城」や、その曽根城近くには弥生時代の遺跡である池上曽根遺跡など、歴史散策を楽しめそうな街ではあるので、合わせて訪問したほうがいいと思います。

管理人もまた再度、泉大津市方面に再訪問の機会をぜひ作ってみたいと思います。

所在地

大阪府泉大津市神明町

新宿駅からのルート(※料金や所要時間は目安です。)

【JR在来線】JR山手線内回り 新宿駅~品川駅(乗換え) 料金 片道190円 所要時間 約20分ほど
【JR新幹線】新幹線のぞみ 品川駅~新大阪駅 料金 片道14,250円 所要時間 約2時間26分ほど
【大阪市営御堂筋線】新大阪駅~なんば駅 料金 片道270円 所要時間 約15分ほど
【南海線】難波駅~泉大津駅(急行停車駅) 料金 片道430円 所要時間 約20分ほど
【入館料】0円

写真ギャラリー