日本の城巡り「MARO参上」

ホーム > 関東以東の城 > 埼玉県の城 > 難波田城(埼玉県)

難波田城(埼玉県)

北条家に立ち向かった名将善銀の居城跡

 

東武東上線「志木駅」から興禅寺入口もしくは、下畑南停留所までバスが走っています。
一面水田風景で気持ちのいい眺めです。

そんな埼玉県富士見市の難波田城は扇谷上杉氏の家臣だった難波田家の居城跡。
城跡はかなり整備されています。正直、「城」としての見所は少ないかもしれませんが、無料でこれだけの施設も素晴らしいと思います。

城の資料館では映像で難波田善銀氏の人柄や、将として非凡な武将であったことなどが分かり、こちらも小さな資料館ではありますが、必見だと思います。

この善銀氏は有名な河越夜戦で北条家に敗れ戦死し、その後は難波田氏も衰退。上田氏の城郭となり北条家傘下に入っていったそうです。

この城跡は、近くの庄屋の家(屋敷?)を移築した「古民家ゾーン」など「歴史テーマパーク」としても楽しめる公園です。
訪城時も、多くの家族連れの観光客の方で賑わっていました。

余談ですが、富士見市近くの埼玉県新座市には平林寺という臨済宗の有名な寺院があります。この寺院内には川越城主松平信綱氏のお墓などが存在するのですが、山門近くに樹齢500年にもなる古木が残っています。

先の善銀氏が戦死した河越夜戦が1546年と言われていますから、当時から残っているわけです。関東の覇権が上杉氏から北条氏へ。そして豊臣氏から徳川氏と移っていく中、激動の時代をずっと眺めてきたんだと思うと、なんとも言えない気持ちになります。
城跡ですと所沢の「滝の城」なども比較的近いですが、この平林寺も武蔵野観光の際の必見のお寺です。(JR新座駅もしくはバスで訪問されることをオススメします。)

近くのオススメすぽっと

富士見市近くの埼玉県新座市。この新座市は「人参」が名産だそうです。そんな人参を使った珍しい料理「にんじんうどん」が食べられるソバ屋さん「陣屋」さんです。抹茶ソバや天ぷらをメインに出しておられます。新座市役所の近くです。お店の方もとっても気さくな方です。

「にんじんうどん」は写真の通り、にんじんがすりこまれ、赤みを帯びたとっても見た目にも楽しいうどんです。グルメリポーター失格の管理人には他ににんじんらしさは感じられなかったのですが(汗)、もちろん味も美味しい「うどん」でした。630円とお値段もリーズナブルです。

新座市にある臨済宗の平林寺。1375年に建立されたそうです。川越城主の松平信綱氏のお墓も存在します。訪問した時には禅の修業を行っているため一部立ち入り禁止でしたが、今でも仏の道を志しておられる方が修行されている場所でもあるので静かに観光したいですね。
拝観料は大人(中学生以上)500円、子供(5歳以上)200円。

所在地

埼玉県富士見市大字下南畑568-1

新宿駅からのルート(※料金や所要時間は目安です。)

【JR線】新宿駅~池袋駅(山手線外回り) 料金 片道150円 所要時間 約8分ほど
【東武東上線】池袋駅~志木駅(急行停車駅) 料金 片道300円 所要時間 約20分ほど
【東武バス】志木駅東口~下南畑 料金 片道220円 所要時間 約25分ほど 徒歩約10分ほど
【入館料】0円

写真ギャラリー