日本の城巡り「MARO参上」

ホーム > 城砦以外の史跡一覧 > 京都府の史跡一覧 > 明智藪(京都府)

明智藪(京都府)

明智光秀最期の地と伝わる京都小栗栖の住宅地

 

1582(天正10)年。戦国時代最大の事件といえる「本能寺の変」。主君織田信長を討った明智光秀は京都山崎の地で豊臣秀吉軍と激突、敗れた後、勝竜寺城へ入り、その後滋賀県の本拠だった坂本城へ6月13日の夜に近臣の者数名で退却する途中、京都の小栗栖で農民らによって討たれたとされるのは有名な話。

光秀が本当にその時、討ち取られたのかについて、様々な説もありますし、管理人は天海として徳川家康のブレーンをつとめたという説を案外信じていたりするのですが、いずれにせよ「史実」とされる光秀最期の地がどこにあるのか非常に興味があり、地元伏見の小栗栖へ訪問しました。

記念碑によると、近くの小栗栖城の飯田一党は信長近臣で、その一党によって討たれたとされています。

この小栗栖城はすぐ近くのため、本当に信長方で光秀に危害を加える恐れがあるなら、この道を行くことは常識的にありえないのではと感じさせるくらい両地点は近いですし、よくつたわる「土農に打たれた」説からも少しそれている感じも受け、光秀最期の場面は本当に「藪」の中だなぁという印象を抱いてしまいます。

とにもかくにも、光秀終焉の「明智藪」は新小栗栖街道を六地蔵から山科方面へ向かうと細見医院という病院がありますので、その手前で西側の住宅地へ入るとつきあたりに、小栗栖城とされる小栗栖八幡宮があり、その北東側の住宅地(ほんとうに個人宅のお庭の延長上のような箇所)に石碑が建立されています。

その先には地図で確認すると、本経寺の裏山へつながる道がありますが、まさに「真相は藪の中」といわんばかりの鬱蒼とした道が広がります。

歴史の真相は分かりませんが、城郭ファンだけでなく、戦国時代ファンなら行ったことに楽しめると思いますので、一度は訪問されてみてはいかがでしょうか?

近くのオススメすぽっと

新小栗栖街道を六地蔵へ向かうと滋賀を中心にチェーン展開している京都系のラーメン「来来亭 六地蔵店」さん。店員さんも明るく気持ちよく食事できるラーメン屋さんです。
食べログの紹介ページはこちら

所在地

京都府京都市伏見区小栗栖小坂町

新宿駅からのルート(※料金や所要時間は目安です。)

【JR在来線】JR山手線 新宿駅~品川駅(乗換え) 料金 片道190円 所要時間 約20分ほど
【JR新幹線】新幹線のぞみ 品川駅~京都駅 料金 片道13,520円 所要時間 約2時間15分ほど
【JR在来線】JR東海道本線 京都駅~山科駅 料金 片道180円 所要時間 約5分ほど
【京都市営地下鉄】東西線 山科駅~醍醐駅 料金 片道250円 所要時間 約8分ほど
【入館料】0円

写真ギャラリー

b