日本の城巡り「MARO参上」

ホーム > 城砦以外の史跡一覧 > 長野県の史跡一覧 > 長岳寺(長野県)

長岳寺(長野県)

武田信玄が火葬された地と伝わる長岳寺

 

元亀4(1573)年、戦国時代の英傑の一人、武田信玄は西上の途中、志半ばで死去したとされます。
その場所は諸説あるようですが、長野県阿智村が有力地と考えられています。

有名な話ですが、信玄は自らの死を3年間隠すように重臣達に伝えたとされ、その遺骸を秘密の内に火葬したとされる場所。
それがこの阿智村の長岳寺(ちょうがくじ)だと伝わります。

2015年の8月に、社員旅行で近くの昼神温泉に行ったため、その自由行動時間で訪問してみました。

境内には一際目立つ大きな供養塔が武田信玄を祀ってのもの。またその脇には、重臣の一人で、この後、長篠の戦い(1575年)で戦死した馬場美濃守信房の供養塔もあります。

また200円を払えば、本堂にある信玄所縁の遺品も見学させていただけます。
この際、ご住職が、本堂の様々なものを丁寧にご説明して回られます。このご住職、かなり歴史がお好きなご様子(笑)
色々お話をお伺いしていると、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。

そのご住職の見識として、武田信玄が京都を狙った、すなわち天下統一を狙ったということは恐らくないが、この長岳寺で火葬されたことは事実だと仰っておられました。

地元でなければ、めったに訪問できる機会のない長岳寺は、以前からその存在は知っていましたので、念願の初訪問が叶い大満足。遺構の類や、また重要文化財関係が多い古刹ではありませんが、武田信玄に関心のある方、ファンの方なら大満足していただけること間違いのない場所だと思います。

管理人のように、昼神温泉に行くので、近くに史跡がないか調べる方も中にはいらっしゃるかと思います。昼神温泉からのタクシー代もそんなに高くはありませんでしたし、時間も10分ほど。
阿智村にお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

所在地

長野県下伊那郡阿智村駒場

新宿駅からのルート(※料金や所要時間は目安です。)

【高速バス】新宿駅新南口(代々木)~中央道昼神温泉 料金 往復割引7,200円 所要時間 約4時間ほど
【タクシー】約10分ほど(料金はタクシー会社にご確認ください)
【入館料】無料

写真ギャラリー

b