日本の城巡り「MARO参上」

ホーム > 東京多摩の城 > 日奉氏館(東京都日野市)

日奉氏館(東京都日野市)

武蔵七党の一つ西党の始祖の居館伝承地

 

武蔵七党の一つ、西党は日奉(ひまつり)直(あたい)を祖に持つ武士団と、日本城郭大系に説明されています。

その日奉氏の居館があったと伝わるのが、JR日野駅の西北に2キロ弱ほどの位置にあったとされます。明確な場所は不明のようですが、廃寺になっている東光寺境内が城域だったとも伝わるようです。

現在、成就院東光寺薬師堂のある位置は、必ずしも東光寺の旧地であるのかも確定ではないそうですが、その解説碑には「日奉氏居城の鬼門除け」として、戦国期の天正年間に勧請したと記され、日奉氏の居館がこの近くにあったことを、唯一感じさせる物となっています。

JR日野駅から歩くと、やや日奉氏館のある一帯は高台にあることが分かります。また周辺には水路が多く、ひょっとして当時、これらを天然の要害として使っていたのだろうかと、想像は広がりますが、明確な遺構は残っていないようです。

西党の立川氏は日奉氏館から見て北東の位置に直線で1.5キロほどの位置に立川氏館を持ち、南へ直線で4キロほどの位置には、同じく西党の平山季重(すえしげ)が平山氏館が存在するなど、かなり広大なエリアに日奉氏は勢力を持っていたのでしょう。

散策されるには、個人的には文中でも紹介させて頂いた成就院東光寺付近が、日奉氏居城の言葉も刻まれているのでオススメです。

所在地

東京都日野市栄町5丁目

新宿駅からのルート(※料金や所要時間は目安です。)

【JR線】中央線 新宿 ~ 日野駅(特別快速停車駅) 料金 片道480円 所要時間 約25分ほど
【入館料】0円

写真ギャラリー

b